家造りにはどれぐらいの諸経費がかかるのか知っておこう


最初にかかる費用を考える

住宅を手に入れる場合には、まず土地と建物の費用が重要になります。不動産には、消費税がかかると考えている人がいるかもしれませんが、実際には建物にしか消費税はかかりません。そもそも、土地自体は消費するものではないからです。それに加えて、初回には登記をしますので登記費用がおよそ30万円ぐらいかかるのが基本になります。それに加えて、不動産会社を仲介させる場合には、仲介手数料を支払わなければできません。仲介手数料の金額は不動産の価格によって異なるのが特徴です。不動産の価格のおよそ3パーセントほどと考えておけば、おおよその金額がわかります。それ以外にも、火災保険に加入する場合には火災保険を支払う必要があります。最近は、火災保険と同時に地震保険に加入する人も増えています。

毎年支払わなければいけないものとは

家造りをする場合でも、住宅ローンを組んでいる人は少なくありません。住宅ローンを組む場合には、毎月一定の金額を支払うことになります。この金額は、確実に支払えるようにしましょう。それ以外では、毎年支払うお金として団信の生命保険や固定資産税と都市計画税があります。特に、固定資産税と都市計画税は10万円を超えることが多いです。具体的にいくらになるかは、その市町村や物件によって変わります。おおむね10万円から15万円ぐらいと考えておけばよいでしょう。固定資産税と都市計画税は、4回に分割して支払うことができます。そのため、一括して支払うことができない場合でも税金を滞納したことにはなりません。

2000万の家は、新築で土地と建物のセットで購入する最低必要な価格です。坪数は、立地する場所によって変わります。