設備面のチェックはここに注目!賃貸物件の賢い見極め方


鍵の種類を確認すべき理由

初めての一人暮らしに際しての、賃貸物件の正しい選び方に関するさまざまな情報の中でも、あまり触れられていないチェックポイントが、建物に付随する設備面です。これらに潜むリスクを冷静に見極めることで、快適性と安全面の双方を確実に確保しておきましょう。

最初の着目点として、鍵の形状があげられます。一昔前のワンルームマンションの中には、当時最先端と注目された、エントランスのオートロックと兼用のカードキーを、現在も採用している建物が見られます。カードキーは磁気飛びや割れなどの破損のリスクが想定されるだけでなく、万一の場合、鍵開けの専門業者にとっても手強い存在です。さらに管理業者の営業時間外で速やかな対応が期待できない、新たなカードキーの手配に時間を要するなど、締め出されてしまう時間が長期化するリスクが無視できません。

共用部への採光をチェックしよう

共用部のフロアや通路、階段や踊り場の照明器具の数や、太陽光の届き具合も要チェックポイントです。管理人が常駐もしくは通勤している分譲マンションとは違い、賃貸物件では照明器具交換の対応に、一定時間を要してしまう傾向が否めません。夜間数少ない照明器具が同時にダウンしてしまうと、そのフロア全体が真っ暗闇となってしまう設計の建物は少なくありません。

スマホの明かりを頼りに歩を進め、部屋のドアの施錠や開錠をしなければならない環境は、住居として好ましくありませんし、ケガなど二次的なリスクも高まります。管理会社の担当者が怠慢な人物の場合、こうした状況が中長期化する傾向が想定されます。共用部の設備と清掃状態は住み心地を雄弁に物語っています。冷静に見極めましょう。

恵庭の賃貸は物件の数が豊富です。中には、即入居が可能な物件もあります。早く入居したいなら、こだわりの条件としてリストアップしながら探すことが秘訣です。