意外と知られていない!?苫小牧の立地や魅力


世界的に貴重な自然エリア

苫小牧市は札幌市の南に位置し、太平洋を望む場所にあります。鉄道路線はJRの千歳線と室蘭本線、日高本選の3本が乗り入れています。空路では新千歳空港が、苫小牧市と千歳市をまたいで設置されています。空港から市の中心部までは車で40分です。また、苫小牧市は国際拠点港湾である苫小牧港を擁しています。道路網も整備されており、北海道経済の重要な産業拠点として発展してきました。一方、ウトナイ湖や樽前山など、世界的にも貴重な自然が残るエリアでもあります。

北海道で最も降雪量が少ない

苫小牧市は冬でも晴れの日が多く、北海道では最も降雪量が少ない場所です。それゆえ住環境として恵まれており、市中心部の周りに住宅街が広がります。市内のバス路線も充実しており、近隣エリアへのアクセスも良好です。当市では文化施設が充実しており、文化交流センターやコミュニティセンター、美術館などが揃っています。市民講座や教室が定期的に開催され、コンサートや演劇も盛んです。当市は全国初のスポーツ都市宣言を行っており、スポーツ活動も盛んです。

充実した生活環境も魅力

苫小牧市には300以上の公園があり、見晴らしの良い場所には展望台も設置されています。その他、遊具や噴水など幅広い年代層が利用しやすいよう整備されています。医療機関も充実しており、市立病院や総合病院、100か所以上の診療所があります。市中心部には夜間・休日急病センターがあるので、急病の際にも安心です。生活面では大型ショッピングセンターをはじめ、ホームセンターやドラッグセンターが多数点在しています。

苫小牧の賃貸周辺は、日本を代表する渡り鳥の中継地である湖や溶岩ドームを持つ世界でも珍しい三重式火山など、豊かな自然に恵まれます。