空き家を有効活用!賃貸物件にして家賃収入を得よう


空き家が全国各地で急増中!

全国各地で空き家が急増しており、社会問題になっています。空き家をそのまま放置していると、景観の悪化や犯罪の温床になってしまう為、早急な打開策が必要です。打開策の一つとして挙げられるのが賃貸物件としての活用方法で、家屋の維持だけでなく家賃収入も得られるようにもなります。

空き家を賃貸物件にする方法

所有されている空き家を賃貸物件出すには、不動産会社を頼るのが一般的な方法です。貸し手と借り手の仲介はもちろんのこと、家賃徴収や建物の維持管理といった事務作業を任せることも出来ます。ご自身で借り手を探したり、家賃の集金をするのが嫌だと感じる方でも、専門会社が間に入れば気軽に賃貸経営を進めることが可能です。多くの不動産会社で、賃貸オーナーに入居希望者に求める条件を提示する権利も与えられる為、大切な家屋を丁寧に使ってもらえるようにも出来ます。

魅力的な賃貸物件にしよう

空き家として長年放置したままの状態では、外装・内装ともに傷みが目立ち快適な住まいを実現できないでしょう。賃貸物件に出す際は、外装・内装をリフォームして魅力的な住まいに変身させることが大切です。内装に至っては壁紙やふすまの張り替えをご自身で行うことで、費用を抑えられます。特にお手洗い・洗面台・浴室といった水回り設備は老朽化しやすく、汚れも目立つ場所です。これらの住居設備は入れ替えやクロスの張り替えといったリフォームを積極的にすると、入居者を募集した時に清潔で住み心地のいい家という印象を与えられます。

江別の賃貸物件のうち、住宅については家賃が他の地域より割高な傾向があります。江別市は札幌市のベッドタウンとしての側面があり、特にマンションなどの集合住宅の需要が多いのが理由です。