注文住宅で間取りを考える際に知っておくべきポイント


将来まで見据えて間取りを考える

注文住宅の魅力といえば、何といっても自由設計が可能なことでしょう。自分たちのニーズや好みに合わせた住宅を建てることができれば、その後の生活も快適で満足感の高いものになるはずです。ただしそのためには、設計の段階から十分に検討を重ねる必要があります。特に戸建て住宅であれば長く住むことが前提なので、将来まで見据えて家の間取りを考えることが求められます。この視点が欠けると、機能性や柔軟性の低い家に住み続けることになり、結果的に後悔することにもなりかねません。

注文住宅の間取りを考える際には家族構成がポイント

注文住宅で将来を見据えた間取りを考えるにあたっては、家族構成が重要なポイントになります。設計段階で家族の人員や年齢層あるいは価値観などを考慮することで、家の間取りも自ずと見えてきます。その上で大切なことは、家族の将来的な成長に合わせて、間取りのニーズを時系列でイメージすることです。例えば設計段階で赤ちゃんのいる若い夫婦であれば、最初は夫婦中心の間取りにしつつ、子どもの成長や兄弟姉妹の増え方まで計算して、子ども部屋中心の間取りへ柔軟に転換できる形で、設計を進める必要があります。あるいはシニア世代が将来的に息子夫婦との同居を希望しているなら、2世帯住宅やそれに近い間取りになるように、設計段階では求められるでしょう。

家族構成にはペットも含めて間取りを考える

注文住宅を検討する方の中には、犬や猫といったペットを飼っているケースもあるはずです。このような方にとっては、まさにペットも家族の一員。設計段階で間取りを考えるなら、ペットを飼いやすく、同時にペットにとっても居心地のよい、そんな家造りをイメージすることが大切です。

横浜の注文住宅の中でも特に、沿岸地域に計画する際は、湿気や塩害に対して十分に注意することが大切です。