狭小住宅を建てるなら、間取りはこのポイントを見逃すな!

限られた空間をさらに狭くしないこと

敷地面積が15坪以下のような狭い土地で、注文住宅を検討している方もいるはずです。特に地価が高いために、狭く区画された土地しか取得できない都心部で戸建て住宅を希望する場合には、注文住宅で上手に土地を活かすケースが目立ちます。またこのようなケースでは狭い土地を有効活用するために、3階建以上の住宅にする傾向があります。そこで大切になるのが間取りです。あらかじめ幾つかのポイントを抑えておくことが大切になります。

まず空間を細かく区切らないように意識すること。もし狭い土地に建てる注文住宅で部屋数を多めに確保しようとすれば、必然的に一つひとつの部屋も狭くなり、圧迫感を生じることになります。また壁や扉も増えるため、閉塞感も増してしまいます。もう1つのポイントは、廊下などの移動空間をできる限り減らすことです。移動だけにしか利用しない無駄な空間を減らせば、その分だけキッチンやリビングの面積を増やすことが可能になります。

狭いからこそ広く開放的な空間にする工夫を

狭い土地に建てる注文住宅だからこそ、限られた空間を広く開放的に見せる工夫も、間取りの設計では求められます。例えば3階建の注文住宅ならば、1階から3階まで続く階段スペースを全て吹き抜けにしてしまうのも、1つのアイデア。玄関から入った瞬間に、3階まで採光性に優れた明るい吹き抜けが現れると、それだけで開放的な気分になるはずです。さらに屋上を有効に活用することも、忘れてはなりません。狭い土地に建てる注文住宅の場合、屋上は最良の多目的空間になります。単に洗濯干し場だけでなく、子どもの遊び場やガーデニングスペースなど、使い勝手のよい開放的な空間にすることが可能です。

狭小住宅は土地が広くないために庭を持てないと思う人も多くいますが、実際には中庭を設けることで庭を持つことに成功した住宅が多く存在しています。