動きやすく暮らしやすい家造りをするポイント

掃除がしやすい家造りを目指そう

念願の一軒家を注文住宅で建てるなら、清潔感溢れる美しい家造りを目指すとよいでしょう。新築時の綺麗な状態をできる限り長くキープするには、住宅設計をする段階で掃除のしやすさを考慮して設計するのがおすすめです。複雑な動線で掃除をしなくてはいけなかったり、部屋の数が多過ぎたりすると、毎日の掃除を負担に感じてしまうこともあります。その辺りも十分に考えて慎重に設計をして下さい。住居スペースに加えて、玄関先や庭の掃除のしやすさも考慮するといいですよ。素材の選び方も、掃除のしやすさを左右します。おしゃれな印象を与えるレンガやタイル素材は、目地の部分に汚れが溜まりやすく、掃除がしにくいという特性も併せて持っています。素材の特性にも注目するのを忘れないよう気を付けて下さいね。

各部屋に収納スペースを作ろう

収納スペースを各部屋に作っておくと、必要な時に物を取り出しやすく、使用後にはすぐに仕舞うことができます。収納のしやすい家であれば、決められた場所に物を収納することを自然と習慣付けられます。例えば、玄関横に十分なゆとりのあるシューズインクローゼットを設置すると、靴の出し入れがスムーズにできるようになり、玄関に靴が散乱する状況を防げます。完成した時にはモデルルームのようにピカピカな家でも、暮らしているうちに多少生活感が出てしまうのは仕方がないことですが、収納スペースを賢く活用して、生活感を感じさせるアイテムを目に見えないところにスマートに収納できるように工夫して下さい。

埼玉の注文住宅は大量生産可能な部材を組み合わせて間取りを自由に決めることが可能です。これにより、安価な住宅が実現します。