家造りをする際の資金計画のポイントとは?

資金計画の重要性とは?

家造りをする際には、あらかじめしっかりとした資金計画を立てておくことが重要です。というのも、初めに作った設計図の通りに家造りが進められるケースはそれほど多くなく、実際には建築の過程で建物の間取りを変更したり、よりグレードの高い住宅設備を導入したりするケースが少なくないからです。設計や住宅設備を見直した結果、当初の見積もりから数百万円単位で建築費が上がってしまったという事例も珍しくないので、そういった場合でも対応可能なようにはじめからぎりぎりの資金計画を立ててやりくりするのではなく、ある程度余裕を持った計画にしておくようにするというのが満足のいく家造りを行うためのポイントであるといえるでしょう。

お金がかかるのは建物だけではない

家造りの失敗例として、予算の大部分を建物に費やしてしまった結果、外構費にかけるお金が無くなってしまうという話がよくあります。この事例から分かるように、家造りにおいてお金がかかるのは建物だけではないのです。外構費はもとより、住宅設備や各種手続きにも場合によっては百万単位の出費が必要になってきますので、そういったものにも十分なお金がかけられるような資金計画にしておかなければなりません。例えば、それなりに見栄えのする外構を作るためには、建物の建築費の1割から2割は外構費として見ておく必要があると言われていますので、3,000万円の建物を建てるのであれば、少なくとも300万円ほどは予算を別に確保しておいた方がよいでしょう。

ローコスト住宅を作る場合には、ローコストで住宅を作ることが得意な業者に任せることが重要です。できるだけ安い材料を使ったり、設備のグレードダウンを行う、間取りをシンプルにすることなどで安く作れます。